新卒社員にまず最初に教えるべきこと

新年度まであと一週間。
新卒社員の入社を控えている組織の方は、準備も大詰めですね。

今回は、最近の”若者”の傾向を踏まえ、新卒社員に対して
絶対に教えておかなければならないことをお伝えします。

優遇や便利は当たり前の新卒社員世代

現在の新卒社員世代は、学生時代に様々な”優遇”を受けており、
大人や世の中から”優遇”されるのが当たり前という感覚の持ち主。

更にいうと、物心ついたころからインターネット・携帯電話が存在し、
”不便”を知らない世代です。

わからないことはネットで検索できるし、
必要なものは事前予約もできるし、
自宅にいながら買い物だってできてしまう。

自分が動かなくても、ボタン(クリック)一つで用が済んでしまいます。

更にいうと、
相手が自分に合わせてくれるし、
相手が自分が望むものを汲み取ってくれるので、
自分から相手に合わせたり、自分の要望を伝える必要がなく、
そうした意識も芽生えていません。

優遇のツケが社会全体に回ってくる

若者をこのような状態にしたのは、世の中を動かしている大人の都合です。

若者を優遇するのも、早い時期から自分たちのサービスに囲い込もうという
思惑かあってのこと。

若者を教育するはずの学校も、少しでも多くの学生を確保しようと、
入学要件を緩和したり、学生を”お客様”のように扱うところも見られます。

上記は一部の例ですが、
自分たちの都合で行った”優遇”のツケは、
巡り巡って自分たちに返ってきます。

学生時代に”優遇”されて、学校や社会から厳しく指導されていない世代を
誰が教育するのか?

↓ ↓ ↓
彼らが社会に出てはじめて属した組織です。

新卒社員に最初に何を教えるのか?

ビジネスマナーよりも先に必要なことがあります。

それは・・・

自分の身に起きた大転換を自覚させること

図1 学生から社会人への転換

 

学生から社会人への立場の変化は、
突然、別世界(異国)に放り出されるのと同じくらいのカルチャーショックを伴います。

これまでの”当たり前”が通用しない世界に踏み込んでしまうようなもの。

 

この変化を自覚できないまま進むと、どうなるでしょうか?

典型的な状況として、

現場配属後も、してもらうことを当然だと思い、
なかなか自立できません。

自立が遅くなるだけなら対処のしようがありますが、
中には途中離脱する人も現れるでしょう。

 

何事も最初が肝心!と言われるように、
最初に何を教えるべきかを見極め、彼らにわかるように伝えることが大切です。

 

未来を見据えて採用した新卒社員。
活かすも殺すも受け入れ側にかかっています。

教育も経営も覚悟をもって臨むもの。

新卒の教育には本気度が問われます。