リーダー・上司・育成者に欠かせないこと

変化のスピードを実感しているか

先日とあるリーダー向け勉強会に参加しました。
参加者は5名限定、4時間半みっちりワークを行い
全員で議論を交わします。

私が外部の講座や勉強会に参加する目的は2つあります。

一つは、
自分の視野・視点を広げるため。

もう一つは、
世の中の変化のスピードを捉えるため。

1ヶ月前に流行っていたものが今や下火になっている
なんてこと、珍しくありません。

そんな時代です。

視点・視野を広げると楽になる

私は普段、企業向けの研修や育成が多く、
育成・指導の対象者は企業で働く人です。

しかし、その企業の商品・サービスの利用者は多岐にわたります。

私が担うのは人材の育成・指導ですが、
その企業のビジョン・ミッションに基づいて
”あるべき人材の姿”を明示し、到達までの過程をつくります。

到達点が明らかになっても、そこに至る道のりは一つではありません。
選択肢を増やすことと、対象者ごとにフィットするものを判別するのに、
視野・視点が必要になります。

更には、育成指導の場面でも大きな効果を発揮します。

それは、
決めつけが減り、物の見方がフラットになること。

当たり前を見逃さない

ひとつ質問です。

「リーダー(上司・育成者)に必要なものは何ですか」

 

勉強会であがった質問ですが、
私が衝撃を受けた回答があります。

 

 

↓ ↓ ↓

部下です。

 

この言葉を聞いたとき、一瞬クラっとしてしまいました。

あまりにも当たり前すぎて、見落としていた視点だったため。

 

今の立場・役割も、自分ひとりでは成り立ちません。

私が育成トレーナーであるのは、育成対象者がいるから。
育成を依頼してくださる方がいるおかげです。

当たり前のようで当たり前ではない。
そして、決して忘れてはいけない視点を再確認しました。

 

日々、部下に対して
未だにあれこれ確認してきてイラついたり
相変わらず間違った言葉遣いをしていて気をもんだり
どうしたらもっと動いてくれるのかと悩んだり

それもこれも部下という存在がいるから体験できること

その部下を通して、
成長する機会を与えてもらっているのかもしれません。

あなたがリーダー(上司・育成者)であり得るのは、
部下がいてくれるから
です。

 

<今日のQuestion>
・部下がいて当たり前だと思っていませんか?
・あなたは部下に何を与えていますか?
・今の自分に改善できることは何だと思いますか?