学びの効果をアップさせる方法

今の自分にいきるかどうか

前回は自分に必要な学びの選び方について書きましたが、
学ぶ内容もさることながら、
学んだことが今の自分に活きるかどうかが重要です。

その効果を大きく左右するのが
誰から学ぶかという点。

これは私の実体験も踏まえて言えることですが、
人気や知名度が高い、そして実力がある講師やコーチについて
学ぶことが最善とは限りません。

もう少し具体的に書くと、
自分の現状と何を学びたいのかが明らかになっておらず、
著名な方の講座だからきっと有益だろうと受講しても、
消化不良で終わる可能性が高い
こと。

自分が学びたいことと、提供されることに
差が生じてしまうのです。

一流の方やレベルが高い講師・コーチになればなるほど、
それらの方が伝えるのは本質の部分。

本質は言葉にできないことが多く、
言葉にすると意外とシンプル。

例えば、

基本を徹底する
準備を入念に行う
継続が大事

といったことが語られたりします。

これらの言葉は、初級・中級者が聞くと
”そんなことわかっている。もっと高度なことが聞きたいのに・・・”
と、感じるかもしれません。

しかし、この本質は
膨大な努力・経験があったからこそたどり着いたもの。

受け取る側にもそれらを感じ受け取るだけの基盤・経験がないと
真髄に触れられません。

誰から学ぶか

自分が現状抱える問題や悩みをわかってくれて
それを改善(解決)する術やヒントを提供してくれる人。

選ぶ側にも見極めが必要です。

プロフィールはもちろん、
その方の人間性(あり方)や教え方にひかれるかどうか。

最近では、ブログやホームページがあるので、
その方が発信する内容である程度の判断ができるでしょう。

時間もお金も貴重な資源。
だからこそ、しっかり見極めて
自分に活きる学びを選びたいものです。

自分の現状をしっかり捉え、
・なぜそれを学ぶのか、
・学びの後、どうなっていたいか
が明らかであれば、誰から学ぶのかわかってきます。