個別プロファリング

今いる人材のチカラと成功パターンを割り出す

人材活用は、まずは現状をしっかり把握し育成課題を明らかにすることから。

TrueWorksでは、大企業の経営者や各種著名人・一流アスリートも活用し、
数々の高い成果をもたらしてきた “秘伝の成功法”ともいわれる、
高精度の分析手法を用いて、一人ひとりをプロファイリングします。

3兆9億通りの行動心理学データと生誕日時&プロファイリングデータを融合し、
科学的なアプローチで一人ひとりがもつ可能性と成功パターンを割り出します。

 

分析メニューラインナップ

【1】行動パフォーマンス分析

私たちは意識・無意識に関わらず、自然の流れに沿うように生活のリズムが出来上がっています。

 人によっては、例年ある月(時期)になると
・風邪をひく、体調を崩す、咳が出る
・なんとなくやる気が出ない
・倦怠感やイライラに襲われる
などの、体調や気分がダウンする時期があるかもしれません。

体調や気分のダウンは無いに越したことはありませんが、
実は活動し続けるには必要不可欠なこと。 

高い力を発揮するにはその前に充電(休養・栄養補給)が欠かせません。

充電するから体調が回復し、気分も軽くなって、また頑張ろう!と力がわいてきます。
そして、活動していくうちに力を消耗して、また充電が必要になる。

 私たちの細胞はこうした「充電力の発揮(活動)」という流れを繰り返しており、
個別の「活動リズム」に則って生活しています。

年・月・日・時間といった各時間の流れの中で
自分が持つパワーレベルも変動しており、
パワーレベルの高い時期を知ることで高い成果をあげるタイミングがわかり
仕事での成果につなげることが可能です。

(例)月・時間のパワーレベル推移グラフ

 

【2】性格・性質(人間性タイプ)分析

性格・性質とは、人が先天的に持つ特性(=人間性)を表します。

大きく分けて6つある人間性タイプで、
それぞれの価値観・考え方の傾向・行動の特徴を明確にするだけでなく、
生まれ持った特性も明らかにします。


溝口メンタルセラピストオフィス 溝口式分析学「性格・性質分析」より抜粋

自分の人間性を正しく知ることで、
自身が持つ能力を発揮できる環境や働き方がわかる
だけでなく、
陥りやすい問題を回避することも可能になるのです。

数十万人のプロファイル結果をもとに
人間性タイプ別の行動・思考の特性に合わせた目標設定の仕方・取り組み方のコツを知ることで、
最短で事を成し遂げることができるでしょう。

更にいうと、
仕事やプライベートで関わる相手の人間性を知ることで、

どう伝えれば相手が動いてくれるのか
どんな言葉に怒りを感じるのか
どんな対応に素直に反応するのか

がわかり、

これまで相手に対して抱いていた
・何を考えているかわからない
・どうやって関わればいいのか手探り状態
・ミスしたときの叱り方がわからない
・どうしたらやる気になってくれるのか
といった悩みの解消・状況改善にも役立ちます。

 

【3】能力適性(LAMS)分析

大きく分けて4つに分類される適性(図を参照)の数百パターンの組み合わせから、
本人が潜在的にどの分野に強い適性を持ち、能力発揮が可能なのか、明確にわかります。

本人のチカラが最もいかせる仕事・働き方をはじめ、今の仕事・役割において成果を高めるコツを提示します。

どんなに素晴らしい能力も、持っているだけでは成果につながりません。
大事なことは自分が持つ能力を知り、それを活かす環境を整え、
積極的に活用して伸ばしていくこと。

自分の能力を信じて磨くからこそ花を開き、実を結ぶ(結果を出す)のです。

今いる人材のチカラを存分に活用するためにも、
持ちうる能力を明らかにすることが、適材適所を叶える最短の道です。

【4】マッチアップ分析

マッチアップとは人と人とのエネルギーの相互関係(プラス or マイナスの作用)を表します。


溝口メンタルセラピストオフィス 溝口式分析学「マッチアップ分析」より抜粋

互いのエネルギーの関係性を知ることで、
相手とどういった接し方をすればいいのか、どのような関わり方がベストなのかがわかり、
適切な対応と距離感を保つことが可能です。

単に相手との関係性を知るだけでなく、
信頼関係が強固になり、スムーズなリレーションを図るためのヒントが多く詰まっています。